2005年12月29日

フグ

ペットショップにいくと必ず張り付いて見てしまうもの
それがこれフグです。
DVC00025のコピー.jpg DVC00026のコピー.jpg

近づくと水槽の奥から手前にすーってよってきて、指を追います。

完全に虜になります。

すこし前くらいからこのフグが何種類かペットショップに並ぶようになってますが、見るたびにほんとにほしくなっています。

なれていないと少し飼育方法が難しいらしく、んでしまうことが多いようです。

がっつりはまっているので死んでしまうことを想像してい飼うのためらいます。

ミドリフグってのがよくペットショップにありますが、
結構大きくなるんですねー。あのまま小さいのかと思った。

ミドリフグの飼育方法
posted by はむ at 19:58| Comment(1) | TrackBack(1) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

クサガメ脱走

最近とても寒いです。天気予報の最低気温も0度になったりしてます。

ということで、外で冬眠させているうちのクサガメが急に心配になり。(心配性なもんで)
部屋の中の暖房設備がない場所に移動させました。

051221_005339.jpg

次の朝、様子を確認しに行くと、びっくりカメがいなくなっていました

部屋の隙間を探してもなかなか見つからなくておろおろしていると意外な場所にいました。

DSCF8853.jpg

なんと、私が寝ている布団の横に!

寝ているときはぜんぜん気づかなかったです。

人間からみると、飼い主の布団の横にきれくれてとてもかわいく思いますが、
実際のところはどうなんでしょう。

冬眠のさせ方がいけないのか心配です。
posted by はむ at 08:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

クサガメの冬眠準備

12月にはいってめっきり寒くなり、最高気温も15度を下回るようになりました。

カメは15度位を下回り始めると冬眠をするそうです。

ということでカメ冬眠準備をする為にカメ冬眠について調査。
家のカメはクサガメ水亀なので水亀の調査をしました。

まずは冬眠させるかどうか、

・冬眠は失敗するとんでしまうので、亀にとってもリスクがある行為。
・安全なのは冬眠させないで、ヒーターで暖めて冬を越させる。
1年から2年の小亀は体力がないので冬眠させない
クサガメは日本の気候に適応している

家の亀は15センチくらいのクサガメなので冬眠させることにしました。

冬眠させる場合は

・秋頃からたくさんエサを与えて太らせる
冬眠直前までエサを与えると胃の中食べ物腐り冬眠失敗する可能性が高くなるので
エサ食べなくなって1週間ほどエサを与えずそれ以降に冬眠させる。
・冬眠は水の中に冬眠させる方法と、土の中にもぐらせる冬眠方法とあるらしい。
・水の中で冬眠させる時は凍らないようにいつもより多めに入れる。
・亀は肛門毛細血管で微量の酸素を取り込めるそうなので、水の中にずっといてもいいらしい。
ゲージ場所温度変化少ない場所におく、毛布などで覆うとよいらしい。
・冬眠中は定期的にチェックして、様子を伺う。

ということで、以下のようにクール宅急便のようになりました。


DVC90008.JPG
posted by はむ at 23:36| Comment(7) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。